ドイツのアマゾンでお買い物

ドイツのアマゾンでお買い物

ドイツのアマゾンは日本のものと少し異なります。

ラインナップや配送までの日数はもちろんのこと、送料の規定も違います。

送料に関して詳しく言うと、
ドイツ国内の配送であれば29ユーロ以上の買い物でやっと送料が無料になります。

その額に満たない場合は1回の配送ごとに3,99ユーロかかるのです。

もちろん出品者によっては初めから送料が無料だったり、
あるいはアマゾンプライム会員であれば送料は免除されます。



巷ではアマゾンプライムが流行っていますが、それはドイツも同じ。

買い物のたびに「アマゾンプライムを試してみない?」というポップアップが表示されます。

私自身は今年の3月まで学生だったのでPrime Studentの恩恵を受けていたのですが、
卒業してからはめっきり。

そのままプライム会員にもならずに今に至ります。

どうしても欲しかったもの3選

ドレスデンに来てからはまだアマゾンを利用しておらず、
欲しいものは自分の足で直接買いに行ったり、あるいは通販の時はeBayを利用していました。

しかし、どうしてもアマゾンで欲しいものを発見。

おまけにそれらを合わせたら
合計金額が29ユーロを上回るので送料も無料になることに気が付いてしまいました。

そうなったら善は急げ!さっそくポチっと押しちゃいました。

おとといの夜に注文したのですが、2日後にもう届いていました。

ちなみに配送予定日は3日後となっていたので、今回は1日早かったみたいです!

購入したものは全部で3つです。

まず1つめは、足湯バケツ(彼氏に話したら「おばあちゃんなの?」ってバカにされた)。

9月下旬から急に朝晩が冷え始めて、家にいるとめちゃくちゃ寒いのです。

だからといって毎日お風呂にバスタブにお湯を張っていたら
水道代がとんでもないことになってしまうので、それはできません。

何かじんわり身体を温める方法はないかうんうん悩んでいた際に足湯をひらめきました。

いぇーい!ちなみにこれ、足湯専用のものではないです。

でもドイツのアマゾンのサイトで「足湯」で検索するとこれがヒットするんです。

しかもこの商品のレビューを見てみると、
みんな足湯用として使っており、それがこの上なく大満足なよう。

これは買うっきゃないと思い、ためらわずに買い物かごに入れました。

唯一のネックな点は深さが少し足りないところ

実家にあった足湯バケツは底が足ツボになっていて、深みもありました。

少し物足りなさは否めませんが、このバケツがないよりはあった方が断然マシです。

次はラップトップケース

今まではリュックのパソコン用ポケットに入れて持ち歩いていたのですが、
最近新しく購入したリュックにはそのスペースが作られておらず、
何も保護するものがなくなってしまったので、これはまずいと思い購入。

ラップトップケースにそんなにお金をかけたくなかったので、
値段がお手頃なものを探していたら見つけたこの入れ物。

デザインが可愛いかったので、クオリティー度外視で買っちゃいました。

値段が安かったので質はあまりよくないと思っていたのですが、
届いたものを実際に手に取ってみると、結構ちゃんとした作りになっています。

表の生地はキャンバス地で、中はふわふわとした手触りの生地

クッションもちゃんとあるので多少の衝撃からは守ってくれそうです。

でも1番気に入ったのはこの大きなチャック!

写真だと分かりづらいですが、このチャックがとってもオシャレでめちゃくちゃ可愛いです。

早くこれに入れて持ち歩きたいな。


DOMISO 10 インチ マックブックプロ/マックブック ラップトップ/ノートパソコン/MacBook Pro/Air/ウルトラブック/ノートブック/コンピュータ用 キャリングバッグ ブリーフケース 保護用カバー 東芝/富士通/Acer/Asus/Dell/Lenovo/HP/Samsung/Sony

最後はシュワルツコフの紫シャンプー

これは以前カラーシャンプーを紹介した際に登場しましたが(その時の記事はこちら)、
ブリーチで髪色がキンキンになってしまった人のためのシャンプーです。

じゃじゃーん!見覚えある人いるかな?

私の髪はまだキンキンにはなっていないのですが、
この前日本に帰った時に染めてもらった色が抜けてきた時が悲惨なので、購入しました。

これを使うことにより黄ばみ(私の場合はオレンジっぽい)が消え、
その代わりにアッシュっぽい風合いに仕上がるそうです。

なんせ担当の美容師さんゴリ押しの商品なので(前回も前々回もこのシャンプーの話してた)、
これから使ってみるのが楽しみです。


シュワルツコフ Schwarzkopf グッバイ イエロー カラーシャンプー 310g

荷物の受け取り方

荷物の配送はドイツではDSLという会社がやっています。

システムは日本と全く同じですが、サービスの質は日本ほど良くないかな。

家にいる時に荷物が届けば、その場でサインして受け取ることができるのですが、
めんどうなのは家にいなかった時。

彼らは到着予定時刻を守ってくれないので、こればっかりは運次第。

もし家にいなければ不在票をポストに入れてくれるのですが、
そこに荷物のありかが書かれています(無料で再配達とかしてくれない)。

  • 宛名(名前と住所)
  • 配送番号
  • 代理の受取人(名前と住所)

よくあるのは、お隣さんや近所の人が代理で受け取ってくれているケース。

これはすごくありがたい方法なので気に入っています。

逆にやめてほしいのは、配送センターまで取りに行かないといけないケース。

ちなみに留学時代は毎回これでした。

この不在票を見つけたら、わざわざ駅前の配送センターに出向いて長い行列に並びます。

そして公的な身分証を提示してやっと受け取れるのです。

なんなんだ、この煩雑なシステムは…。

まとめ

今日はドイツのアマゾンについてお伝えしました。

ほとんど買ったもの紹介みたいになってしまいましたが、
どんな感じかなんとなく伝わればいいなと思います。

ちなみにドイツに1年間だけ留学する人向けの耳より情報

ドイツのアマゾンでもPrime Studentは1年間無料お試しできるので、
大学のメールアドレスを持っていればお得にネットショッピングできますよ~!

私はこれのおかげで留学中のネットショッピングが充実していました。