バターナッツかぼちゃのマフィン

バターナッツかぼちゃのマフィン

9月もあっという間に後半、いよいよ秋めいてきましたね。

さて、ドレスデンの気温はというと、とにかく寒い…。

朝晩は特に冷え込み、10℃以下はザラです。

冬用のコートと帽子はまだクローゼットの中ですが、ヒートテックはさっそく大活躍中。

このままじゃ冬になっちゃう!ヤダ!秋をもっと感じたい!

ということで、思いついたのが秋の味覚でスイーツ作り。

今回はドイツのスーパーで簡単に手に入るバターナッツかぼちゃを使って、
マフィン作りに挑戦したいと思います。



バターナッツかぼちゃとは

皆さん、バターナッツかぼちゃって聞いたことはありますか?

日本でも流通はしているそうですが、あまり馴染みないですよね。

私もドイツに来るまでバターナッツかぼちゃの存在を知りませんでした。

ドイツには日本で手に入る緑の皮のホクホクかぼちゃ(栗かぼちゃ?)がなく、
バターナッツかぼちゃ「Hokkaido」という名前の赤い皮のかぼちゃが一般的です。

今回のバターナッツかぼちゃはひょうたんのようなつるっとした見た目が特徴。

ナッツのような風味を持っていることから、バターナッツかぼちゃと名付けられました。

縦に半分に割ってみるとこんな感じ(この作業が結構大変)。

包丁を入れるとすぐに分かるのが、水分の多さ。

種は下の方に集まっていますが、もちろん上の部分も食べられます。生でも食べられます

ちなみにバターナッツかぼちゃは最初に包丁で半分に切るところだけが最難関。

皮はピーラーで向けるし、中の部分は包丁でスッと切れるので扱いやすいです。

バターナッツかぼちゃのマフィン

今回作るのはバターナッツかぼちゃのマフィン。

レシピはクックパッドの『バターナッツかぼちゃで☆ふんわりマフィン』を参考にしました。

材料(直径5cmマフィンカップ15個分)

  • バターナッツかぼちゃペースト×200g
  • バター×100g
  • きび砂糖×100g
  • 卵×2個
  • (a)薄力粉×180g
  • (a)塩×3本指でひとつまみ
  • (a)ベーキングパウダー×ティースプーン1
  • (a)重曹×ティースプーン1
  • (a)シナモンパウダー×ティースプーン1
  • チョコチップ×70g(トッピング用)

トッピング用のチョコチップは好みなので、
他にもかぼちゃの種やレーズン、あるいはナッツ類で代用するのもアリです。

バターと卵は室温戻し、(a)は全て一緒にしてふるいにかけておきましょう

それでは、さっそく作業開始!

作り方

まずは時間がかかるバターナッツかぼちゃのペースト作りから。

参考にしたレシピでは切ったかぼちゃを茹でていましたが、
私はできるだけ甘みを引き出たいので蒸すことにしました。

蒸し器はないから、フライパンとクッキングシートで即席蒸し器。

クッキングシートの下に少し水をいれて、あとは食材をシートの上に並べるだけです。

10~15分くらい蒸すと、箸がスッと入る柔らかさになります。

さて、かぼちゃを蒸している間に他の作業を進めておきましょう。

やることは、バターと砂糖をよく練って空気を含ませる作業。

最初はバラバラですが、徐々にふわっと一体化してくれます。

そうこうしているうちに、かぼちゃもいい感じに蒸されてきました。

ザルにあげて余分な水分を落としたら、アツアツのうちにマッシュ!

私はブレンダーを使って一気に潰していきます。

少しすると、こんな感じでとろ~りなめらかな状態に。

ちなみに全部で450gのペーストが出来上がりました。

今回使うのは200gだけなので、残りは別の容器に移して保管しておきましょう。

さて、ここまで来たらあとは材料を合わせるだけ!

このタイミングでオーブンも180℃に余熱しておきましょう。

最初に練っておいたバターと砂糖に
かぼちゃペーストを入れ、一気に混ぜていきます。

馴染んだら、そこに卵とふるった粉類(a)を交互に入れていきます。

最後にトッピングのチョコチップを混ぜ込んだら、
マフィン型に生地を流し込んで焼くだけ。

焼き時間は170~180℃で25分くらいかな。

参考にしたレシピは30分になっていましたが、
今回のマフィン型はレシピのものよりも小ぶりだったので、短めにしました。

そして焼き上がったのがこちら!じゃじゃーん!

いい感じに焼けました!!!

個数を増やしたくて1個あたりの生地の量をケチった結果、
サイズがひとまわり小さめになってしまった…。

でもしっかり膨らんでいて、見た目はバッチリです。

いざ実食

マフィンの醍醐味は、焼きたてをつまみ食いすること!

ホカホカのうちに、さっそくいただいてみます。パクリっ

予想以上にふわっふわの口当たりでびっくり!

バターナッツかぼちゃがもともと水分量が多いせいか、
牛乳を入れてないのにしっとり柔らかく仕上がっています

ほんのりシナモンが香るのも秋っぽくていい感じ。

でも肝心なかぼちゃの味はするかというと、かなり控えめでふわっと香るくらいです。

もう少し追熟させたかぼちゃを使っていたら、違った結果になっていたのかな。

「The かぼちゃ」らしい色や味はありませんが、
ほんのり優しい感じもたまには小粋でいいかも。

砂糖をグラニュー糖ではなくきび砂糖にしたのも決め手だったかな。

まろやかでちょっと香ばしい風味は、おそらくきび砂糖のおかげ

まとめ

今日はドイツで手に入りやすいバターナッツかぼちゃを使って、
マフィンを焼いてみました。

初めてのレシピだったけれど、かなりの出来栄えで満足です。

ちなみに翌日の朝に冷えたものを食べたのですが、
なんとレンジで温めなくてもしっとり柔らかいままでした。最高!

ほんのりかぼちゃ風味のするふわふわマフィン、
気になった方はぜひ試してみてくださいね。