ドレスデンのチョコレート専門店

ドレスデンのチョコレート専門店

今日はドレスデンにあるチョコレート専門店「Camondas」を紹介します。

旧市街のレジデンツ宮殿前にお店を構えるこのチョコレート屋さんは、
商品の販売だけでなく、カフェとアイス屋も運営しています。

今回はそこでずっと食べたかったチョコレートアイスを購入しました。

ついでにお店の中にも立ち寄ってみたので、レポートしたいと思います。

チョコレート尽くしの店内

まずお店に入って目に入るチョコレートの種類の豊富さは圧巻です。

店内はジャンルごとに商品棚が分かれており、
例えば各国のチョコレートを集めたコーナーや、
その逆でドレスデン産のチョコレートのみを置いているコーナーもあります。

他にもカカオのパーセントごとに細かく分類されたビターチョコレートだけの棚や、
チョコレート加工品のトリュフやヌガーを集めている商品棚もありました。

さらに、お土産やギフト用に可愛くラッピングされた商品もあれば、
自分用にちょこっと買うことができるように
バラ売り商品も多く取り揃えているのが嬉しいポイント。

カウンターでは自分の好みのトリュフを詰めてもらうこともできます。

しかも1粒あたり35セントというお手頃価格だから驚き!

10粒購入しても400円ぐらいなので、お財布にも優しいです。

種類はプレーンの他にシャンパン・ブランデー・オレンジ・唐辛子・キャラメル等がありました。
(他にもあったけど忘れちゃった)

私はシャンパンを3粒と、オレンジ・キャラメルを1粒ずつ買ってみました。

帰り道でパクパク食べてしまったので写真が残っていませんが、シャンパンが1番好きかな。



ちなみに私の前に頼んでたおじさんは唐辛子を大量購入していました。

ヨーロッパにいると、「チョコレート×唐辛子あるいはピンクペッパー」
組み合わせをよく見かけるのですが、果たして美味しいのでしょうか。

私はまだ辛いチョコレートを試す勇気がないので買ったことがありません。

外のアイス屋さん

外からはお店に入らなくてもアイスだけ購入することができます。

この日は曇りで涼しかったのでお客さんもまばらでしたが、
天気のいい暖かい日なんかになるともう行列がすごいこと…

加えて立地のせいもあるのか、並ぶ時はかなり並びます。

ラインナップはもちろんチョコレートアイスのみ。

バータイプのものか、カップ入りのものから選ぶことができます。

ちなみにカップの方はホワイトチョコレートもありました。

私はずっとバータイプのものを食べてみたかったので、迷わず注文。

値段はドイツの平均的なジェラート屋に比べ高めに設定されており、
私が注文したバータイプのものは2.8ユーロでした。

カップの方の値段はうろ覚えですが、
たしか1フレーバーが2.6ユーロで、2フレーバーが3ユーロだった気がします。

いざ食べてみると、めちゃくちゃ美味しくて感動!

たしかに値段は張るけど、さすがチョコレート専門店だけあってかなり濃厚です。

舌ざわり優しく、絶妙な柔らかさで驚きました。

見た目は生チョコレートを拡大したみたいな形をしていますが、
味もそのまま生チョコレートみたいな印象です。

上からかかってるココアパウダーの香りと、アイスの部分のまったりと贅沢な味わいが
かなり病みつきになりそう。

ただサイズが小さすぎる!3秒くらいで食べ終わっちゃいました。

美味しいチョコレートアイスをちょこっと食べたい人にはピッタリですが、
私のようなたくさん食べたい人にとっては少し物足りないかな。
(ドイツのアイスはデフォルトが大きいので、それに慣れていると余計に小さく感じる)

まとめ

今日はドレスデンの旧市街にあるチョコレート専門店「Camondas」
紹介しました。

お店は観光エリアのど真ん中にあるので、アクセスも簡単です。

また今回は紹介できませんでしたが、このお店にはカフェも併設されています。

店舗は意外に広めで客席数も多いので、
旅の休憩にカフェでまったり美味しいココアを飲んでみるのもいいかもしれませんね。
ドレスデンに遊びに来た際には立ち寄ってみてください。