【自炊】白菜とひき肉のドリア

【自炊】白菜とひき肉のドリア

私の特技のひとつは、即興で料理を作ることです(定番料理も創作料理も得意)。

幼い頃から母が料理する姿を近くで見ていたせいか、
レシピがなくてもなぜかパっと美味しいものを作ることができます。

逆にレシピを見ずに作るクセがあるのは、完全に母の影響。

留学中に母の手料理が懐かしくなりLINEでレシピを聞いたところ、
材料しか教えてもらえず(分量も手順も既にテキトーだしもはやレシピじゃない)、
なのになぜか完全再現できてしまった、なんてエピソードもあります。

さて、先週末にラザニアを焼いたのですが、
その時のクレームフレッシュが余っていたので、さっそく別の創作料理を作りました。

クレームフレッシュは熱に強いので、せっかくならスープに浮かべるかオーブン料理がいい。

でもスープだとお弁当に持って行きづらいからオーブン料理の方がいいな。

そして冷蔵庫には白菜が中途半端に残っていて、冷凍庫にはひき肉もあるぞ!

よし、白菜とひき肉のクリームソースをご飯にかけてドリアにしよう!

こんな感じでひらめいちゃったので、早速作ってみました。

いつも何も考えずに秒速で作って食べた後になってから、
うわぁ~写真撮っとけばよかった!と後悔するので、今回はちゃんと写真に収めました。



材料紹介

例に漏れずテキトー料理なので、分量などは”大体”とか”くらい”が基本です。

今回は2人前を作っていきます。

写真にないけど、ワインもあるとよい!

 

  • ×2人前
  • ひき肉×100~150g(多くても美味しい)
  • 玉ねぎ×1個(小~中くらい)
  • 白菜×4~6枚(大きさを見て調整!)
  • バター×大体20g
  • クレームフレッシュ×大体100g
  • ブイヨンパウダー×ティースプーン1杯くらい
  • 小麦粉×普通のスプーン山盛り1杯くらい
  • 牛乳×たぶん300ccくらい←牛乳パックから直接入れちゃって検討がつかない
  • ×たぶん200ccくらい←あくまでも”くらい”だから様子を見つつ足す感じ
  • チーズ×好きなだけ(たっぷりの方が美味しい!)
  • 塩コショウ×適量

ご飯の代わりに茹でたジャガイモパスタなんかを敷き詰めてグラタンにしても美味しそう。

家庭料理はお菓子作りと違って目分量でもちゃんと美味しくできるので心配無用!

揚げ物は温度が結構重要だし、パスタも茹で加減が命ですが、
オーブン料理は気を付けることがほぼゼロだから特に失敗がありません。

次は作り方です。

大まかな手順

玉ねぎはトロトロにしたいので、繊維を断つように薄切りにします。

白菜は1cmくらいの食べやすい大きさに切ります。

まずはひき肉を炒めます(お肉から油が出るのでサラダ油等はいらない)

お肉に大体火が通ったらバターを落とし、玉ねぎが透明になるまで炒めます。

透き通ってきたら次は白菜を追加!扱いやすいように少ししんなりするまで炒めます。

ここでブイヨンパウダーと塩コショウで味付けもしておきます。少ししょっぱめがいいかも。

全体が合わさってきたら一旦火を止め(←ここたぶん重要)、
小麦粉をまんべんなく回しかけます。

最初は粉っぽいけど余熱でなじむから大丈夫!

 

そのまま火を止めた状態で全体の粉っぽさがなくなるまでかき混ぜます。
※余熱で溶けて、白いのがだんだん見えなくなってくる

粉が目立たなくなったら液体類を追加!

牛乳・水をヒタヒタぐらいまで注ぎ、再度火をつけます。
※ドリアのソースが多めがよければ牛乳も多めにね

白ワインなんかを入れると風味も増して最高!

火をつけたらひと煮立ちするまでひたすらかき混ぜます。

最初はサラサラした状態ですが、だんだんトロっとしてきます。

ここから弱火で5分くらいコトコト煮ておきましょう(ちょくちょくかき混ぜてね)。

この間にオーブンを200℃くらいに余熱し、グラタン皿にご飯を盛ります。

ちなみにご飯にバター&コンソメ&パセリを混ぜるとさらに美味しくなるので余裕があれば是非。

ソースが出来上がったらご飯の上にまんべんなくかけ、
その上にクレームフレッシュ、そしてチーズもたっぷりかけます。

上からチーズ→クレームフレッシュ→クリームソース→ご飯の層

 

盛り付けをしている間に余熱も終わるので、そしたらオーブンに入れるだけです。

あとはこんがり焼き色がつくまで焼けば完成!(私のオーブンでは15分強くらいかかった)

完成!いざ実食!

出来上がり~!アツアツの間にいただきます。

口に入れると、香ばしいチーズのパンチとクレームフレッシュの濃厚な味わいが広がり、
その後に白菜と玉ねぎの優しい甘みがじんわり感じられます。

今回はお肉が少な目だったので肉々しさはあまりありませんが、
クリームソースにしっかり味がついているので文句ない満足感!

自画自賛だけどめちゃくちゃ美味しい!

白菜のジューシー感が病みつきになります。

クリームソースもご飯にバッチリあっていて、
生クリームを使っていなくてもトロっと濃厚な感じに仕上がりました。

まとめ

今日は白菜とひき肉の創作ドリアを作ってみました。

実は今回のクリームソースの作り方でいつもクリームシチューを作っています。

ドイツにはシチューのルーが売っていないので、
以前留学中に食べたくなって覚えた作り方なんです。

とっても簡単だし応用も利くのでとってもオススメですよ。