ニキビ跡に効くクナイプビオオイル

ニキビ跡に効くクナイプビオオイル

私は中学生の頃、ニキビに悩んでいました。

プロアクティブを試したり、病院に通ったりもしました。

高校生になると自然と落ち着いていったのですが、ニキビ跡だけは治らない…。

こめかみから頬骨にかけて色素沈着になって今も残っているんです。

どうすればいいのか分からなくてずっと放置していたのですが、
最近ニキビ跡に効くと言われるオーガニックオイルを発見しました!



クナイプのビオオイル

実はクナイプのビオオイルは自分で見つけたわけではなく、
ドイツの友達に教えてもらいました。

RossmannMüllerに行けば高確率で見つけられます。

ちなみにdmでは取り扱われていません。

クナイプといえば入浴剤のイメージですが、
ドイツでは他にも様々なスキンケア商品が販売されています。

オイルのラインナップも種類が豊富で、
用途や好みの香り次第で自分にぴったりのものを選ぶことができます。

今回私が購入したニキビ跡に効くというオイルは「Bio Hautöl」という商品。

日本語に訳すと、オーガニックフェイスオイルのことです。

この写真の真ん中、緑色の細長いパッケージがそれです。

オーガニック商品なのに6,95€(900円弱)なのはかなり嬉しい!

パッケージにはたしかに

  • ニキビ跡(正確に訳すと”瘢痕”)
  • 妊娠線
  • ガサガサの肌
  • 乾燥肌・ダメージ肌

に効くと書いてあり、まさに私にピッタリ!

私はニキビ跡が残っているのに加え、
肌の水分量が少なく表面がガサガサしているので、これは効果に期待大です。

テクスチャーはさらさらめ

さっそく使ってみました!

手に取ると結構さらさらで、伸びがいいです。

私はオイル系のスキンケア商品をよく使っているのですが、
これは他のオイルと比較して結構軽めです。

そして印象的なのがグレープフルーツの爽やかな香り

本当にめっっっちゃいい香りで、
このオイルのおかげで朝晩のスキンケアタイムが最近の楽しみになってます。

具体的にどんな香りかというと、
生絞りグレープフルーツジュースを少しマイルドにした感じ

とにかくフレッシュさが全面に出ていて、人工的な香料とは一線を画します。

ちなみに、このオイルはさっぱり系の香りで質感もさらさらしていますが、
保湿力は結構しっかりめ。

やっぱりオイルなので塗った直後は少し肌がペトペトになりますが、
しばらくすればサラっと肌になじんでくれる優等生です。

伸びがいいので、私は顔からデコルテにかけてそのままマッサージもしています。

ちなみにこのオイルの後は気分でニベアクリームを塗ったり、
ニキビができちゃった場合はその箇所にティーツリーオイルを薄く塗ってます。

そういえばティーツリーオイルもかなりお世話になっています。

こっちは炎症を抑える効果があり、結構刺激が強め。

かなりうすーく伸ばしたり他のオイルと混ぜながら、必要な箇所にだけ塗ってます。

かなり効きます。薬を使わなくてもティーツリーオイルで一発で治ります。


ティーツリーオイル 15ml(エッセンシャルオイル/精油)正規輸入

本題をクナイプのビオオイルに戻しましょう。

肝心なニキビ跡の方ですが、まだ使い始めて1週間しか経っていないので
目に見えた効果はまだ確認できていません。

まあ、このオイルは肌の新陳代謝を整えるのが本願なので、
ゆっくり時間をかけながら経過を見ていきたいと思います。

逆に使用を開始してすぐに変わったのは肌の質感。

触るともちもちの肌になって、肌表面も若干滑らかになりました。

日本でも購入可能

このビオオイルはかなり使い勝手がいいので、日本でも流行りそうって思ったらもう流行ってた!

どうやらアットコスメでも堂々の1位みたいです。納得だわ。

パッケージ写真がドイツのものと異なるので一見別物に見えますが、
成分内容や商品概要を読んだところ全く同じものなのでご安心を。


クナイプ・ジャパン クナイプビオ オイル 100ml

さすがに値段に関してはドイツの方が圧倒的に安いですが、
日本では20ml100mlの2サイズで商品展開されており、
小さい方はお試しで500円から購入できるみたいですね。

でも朝晩使ってたら20mlじゃ1カ月も持たなそうなので、100mlがオススメ

ちなみにドイツで手に入るのは100mlのサイズのみですが、
日本の半額以下で購入できるので、ドイツ旅行の際にはこういうグッズを
お土産に選んでもいいかもしれません。

人にあげてもよし、自分のご褒美用に買って帰ってもよしです。