私が愛用したドイツ語教材

私が愛用したドイツ語教材

先日、当ブログの読者の方からこんな質問をいただきました。

「どうやってドイツ語を勉強したのですか?」

たしかに私の勉強法を全部お話ししたことはありませんでした。

以前「生きたドイツ語を身につける」という記事で、
実践的なドイツ語をどうやって身につけたかは紹介しました。

でも、いわゆる“普通の勉強”については書いていなかったので、
今回は私がどんな教材でドイツ語を勉強したか、公開したいと思います。



まずは超基礎

私の大学は2年生から専攻が決まるので、
1年生の頃のドイツ語はただの第二外国語としかみなしていませんでした。

特に1年生の頃はキャンパスが遠くサークルも忙しかったので、
「ドイツ語の授業時間=寝る時間」でした。

今考えるとめちゃくちゃ失礼なことしてた…

授業をちゃんと聞いていないので、もちろん分からない。

でも、教科書が退屈すぎて、自分でも進められない。

そこで自分にあった教科書を探すことにしました。

そういえば、高校生の頃から参考書や問題集は
自分が買いたいと思ったものを自分で選んで買っていました。

そっちの方がやる気が出るし、楽しいんですよね。

さて、私が初めて買ったドイツ語の教材は、
文法の解説書と日常会話の参考書です。

文法の解説書は『ドイツ語のスタートライン(三修社)』という本を使いました。

初心者向けなので、かなり分かりやすく書いてあります

ドイツ語の文法は最初は本当に訳が分からないので、
易しくかみ砕いて説明してくれるのが嬉しかったです。

各章末に小さな練習問題がついてるのも気に入っていました。


ドイツ語のスタートライン (Starting Line-やさしく詳しい解説・しっかり身に付く文法・話したくなる表現-)

そしてもうひとつ購入したのは、同じく三修社から出ている『ドイツ語スピーキング』

こちらはぶっちゃけ必要ないのですが、
ドイツ語を実際にどうやって使うかをイメージしやすいので買いました。

簡単な日常会話が覚えられるので、
「あ、自分ドイツ語できるじゃん!」と実感でき、モチベーションが上がりました。

この本のいいところはリスニングの練習にもなるところ。

CDがついているので、シャドーイングを何度もして、
徹底的にドイツ語のリズムを身につけました。

そして、シチュエーションごとに関連単語リストも載っていたりするので、
自然とよく使う語彙を覚えることができました。

実際この本で覚えたフレーズは、
初めてのドイツ短期留学でもかなり役に立ったのを今でも覚えています。

この本に載っている会話は必ず対話型なので、
私にとって言葉のキャッチボールのお手本でした。


ドイツ語スピーキング

語彙の増強は辞書と単語帳

大学2年生になると独文学専攻に進んだので、
いきなりドイツ語漬けの毎日になりました。

まず教授に買えと言われたのが、
『独和大辞典』という超分厚くて重いドイツ語の辞書。


独和大辞典コンパクト版 〔第2版〕

独和大辞典はちょっと古くて堅い表現が多いのですが、
なんでも網羅しているのは否めず、腐っても鯛といった感じ。

でも、独文学生でなければおそらく必要ありません。

ドイツ語の小説などをじっくりしっかりこっくり享受したい人だけ買いましょう。

ちなみに私のオススメはカシオの電子辞書。

あの分厚い独和大辞典の電子版に加え、
アクセス独和・和独辞典、オックスフォードドイツ語辞典、
DUDEN独独辞典も収録されているので、これひとつあれば無敵です。

おまけにジーニアス英和・和英辞典やその他国語系の辞典も一式搭載されています。

これは留学中もかなり重宝しました。


【在庫あり】 CASIO XD-Z7100 ホワイト カシオ電子辞書 CASIO エクスワード ドイツ語モデル [ドイツ語10コンテンツを含む100コンテンツ収録 “EX-word”] 【バレンタイン お祝い】

ついでに紹介したいのは、単語帳兼ミニ辞書としても使える『ドイツ単語5500』

程よいボリュームの単語がABC順に並んでおり、
派生単語や関連単語がある場合はそれも紹介してくれます

マイナスポイントを挙げるならば、白黒印刷のせいで単調なのと、
字が小さくギッシリ詰まっているところ。

初版が1956年なので古い単語が多いのもネックな点です。

でも、その代わり小さな本(本当に軽くて薄い)に
初~中・上級レベルの単語が収まっているので、
ポケット辞書としてはかなり使えます。


ドイツ単語5500

文法を一周したら買う本

次に紹介するのは私のバイブル、『必携ドイツ文法総まとめ』

勉強スイッチが入っていた頃は、暇さえあればいつでもどこでも読んでいました。

これは完全な文法書で、練習問題などもありません。

ただひたすら、ありとあらゆるドイツ語文法が解説されています

この文法書は本当にすごいので、
ドイツ語で分からない分構造やイディオムに出会ったら、
まずはこの本を参照していました。だってほとんど載っているんだもの。

この本は青緑のビニールカバーで覆われているので、
見た目もスタイリッシュだし、使い込んでもなかなか壊れません。

ドイツ語をちゃんと勉強したいなら、本当にオススメしたい1冊です。

ちなみにこの本は独文の教授に買うように言われました。お墨付きですよ。


必携ドイツ文法総まとめ

まとめとその他オススメ

今日は私が大学時代に使っていたドイツ語教材を紹介しました。

これらは全て留学前に使っていたもので、
留学してからは語学学校で配られるプリントのみで勉強していました。

大学を卒業した今でも愛用しているのは『必携ドイツ文法総まとめ』くらいで、
その他は今は実家に置いてあります。

あとは番外編ですが、読解の練習のみに関して言えば、
一度日本語または英語で読んだことがある小説のドイツ語版に挑戦するのもオススメ。

ドイツ語で書かれた作品を一度日本語訳で読んでから、元の言語で再読してみたり、
あるいは日本の作家が書いた作品をドイツ語訳で読むのも楽しいです。

ストーリーを知っていれば、ドイツ語で分からない単語があっても
文脈でなんとなく想像がつくし、なにより「読むこと」が直接楽しみに繋がります

私が留学中に購入して狂ったように何度も読み返したのは、村上春樹の短編集

村上春樹はドイツでも人気なので、訳本もほとんど出回っています。

私が持っているのは『4月のある晴れた朝に100パーセントの女の子に出会うことについて』
表題になっている短編集です。

表紙がステキですよね。ジャケ買いしたくなっちゃう。


Wie ich eines schoenen Morgens im April das 100%ige Maedchen sah

ラインナップは日本語版の『象の消滅』とかなり被ってます。


「象の消滅」 短篇選集 1980-1991

日本語版のこの黄色い本にはかなり思い入れがあって、
大学で大好きだった先輩が貸してくれたんですね。

私は自分から好んで村上春樹を読むタイプではなかったのですが、
この短編集は本当に面白くて、特に100%の女の子の話がお気に入りでした。

だからドイツでこの本を見つけた瞬間、
「あ、これは買うしかない!」と思い、レジに直行したのです。

ついでに先輩のお土産用にと、帰国前にもう1冊買ったのですが、
日本に帰ってから気づきました。

ドイツ語版、日本でも探せば手に入るやん!

ちょっと恥ずかしいけれど、昔日本語版を貸してもらったお礼に
ドイツ語版をお返しできたので後悔はしていません。

さて、肝心な内容ですが、一度日本語で読んでいれば全く難しくないと思います。

サクサク読めてしまうし、短編だから時間もかからないので、おすすめですよ。

日本でドイツ語の本を探すなら、1番お手軽はアマゾンですが、
実際に本を手に取って吟味したいなら新宿の紀伊国屋がオススメです。