【ドイツのマクドナルド】日本未上陸のスイーツ

【ドイツのマクドナルド】日本未上陸のスイーツ

今日は番外編、ドイツのマクドナルドで見つけた限定スイーツです。

皆さんはマクドナルドによく行きますか?

私はというと、あんまり行かないかも…。

でもずっと気になっていたスイーツがあって、
しかもそれは日本で未発売の限定スイーツだったので、これは試すしかありません。

思い立ったが吉日!さっそく行ってきました。



ドイツのマクドナルド

まず、ドイツのマクドナルドについてですが、
はっきり言って雰囲気は日本のマクドナルドとほぼ変わりません。

ポテトが揚がった時の音「ティロリ♪ティロリ♪」も全く一緒。

100円マックの代わりに、こっちでは1€マックもあります。

異なる点といえば、商品のラインナップ。

ビッグマックやフィレオフィッシュなどの定番メニューはドイツにもありますが、
例えば日本で人気のてりやきマックバーガーやベーコンレタスバーガーはありません。

私の大好きなえびフィレオがないのも個人的に寂しいなあ。

でも、その代わりに日本にない魅力的なメニューもありますよ。

例えば、ダブルチーズバーガーならぬトリプルチーズバーガーがあったり、
ビーガン向けの肉を使用していないバーガーボリューム満点なラップもあります。

他にも、高級路線のシグネチャーバーガーも種類がたくさん。

そしてサイドメニューも結構美味しいです。

私のお気に入り(というか前に一度食べてウマ!ってなったやつ)はチキンウィング。

味が濃いので飲み物が必須ですが、なかなか病みつきになる美味しさでした。

量もちょうどいい5ピースで、小腹が空いた時なんかにはぴったりのサイズです。

スイーツ部門も見逃せない

ドイツのマクドナルドは、スイーツのラインナップも違います。

日本と全く同じなのはホットアップルパイとサンデーぐらい。

マックフルーリーに関してはフレーバーがちょこちょこ更新されます。

私がずっと気になっていたのは真ん中の「ラズベリークリームチーズパイ

ちなみに冬はチョコ生地に包まれた「チェリークリームチーズパイ」がありました。

これも本当は食べたかったけれど、タイミングを逃して終わってしまいました。

さて、スイーツを食べるからには飲み物も飲みたい!

ドイツにはマックシェイクにソースを追加するオプションがあるので、
それを使ってバニラシェイク×キャラメルソースを頼みました。

まずはシェイクを飲んでみましょう。

おお!久しぶりなせいもあってか、すごく美味しい。

このジャンキーな安っぽい甘さに背徳感を覚えます。けどそれがいい!

ソースは底の方に溜まっているので、自分でぐるぐるかき混ぜるみたいですね。

しっかり混ぜるとキャラメルの味がガツンときて、これまた美味しい。

でも少し文句を言うならば、このキャラメルソース固すぎ!

ソースとシェイクの固さがあまりに違いすぎて、全然馴染んでくれません。

ストローで吸うと、バニラ→キャラメル!キャラメル!→バニラ→キャラメルゥゥゥ!!!

って感じで口の中に交互に入ってきます。

キャラメルの塊を吸ってしまうと、口の中がめちゃくちゃ甘くなってしまいます。

まあこれも一興。マックなので許しましょう。

ラズベリークリームチーズパイ

今回の目当て、ラズベリークリームチーズパイはこちら。

見た目はお馴染みのホットアップルパイにそっくりですね。

じゃあさっそく一口頂いてみましょう。

パクっ…!

うまっっっ!

アツアツのパイの中にはラズベリーのフィリングとクリームチーズが
これでもかってくらいたっぷり入っています。

ラズベリーの甘酸さをクリームチーズがマイルドに中和してくれて、
口当たりがとってもいいです。

でもクリームチーズ感はそこまで強くなく、どちらかというと「何かの白いクリーム」。

美味しいから問題はありませんが、私としてはチーズっぽさがもう少し欲しかったかな。

本格的なスイーツと比べてしまうと、ちょっとチープな感じが否めませんが、
これを1€(100円マック)で食べられるなら十分嬉しいです。

まとめ

今日はドイツのマクドナルドでスイーツを食べてみました。

良くも悪くも「Theマック」って感じのスイーツだったかな。

サクッと甘いものを食べたい時にぴったりの値段と満足度でした。

いつかバーガーキングのスイーツも紹介できたらなあと思っています。

次回もお楽しみに~!