ドイツでも薄切り肉が食べたい

ドイツでも薄切り肉が食べたい

ドイツには薄切り肉という概念がありません。

巨大な塊のお肉かシチュー用の角切り肉しかありません。

ちなみに骨がついていない鳥もも肉もないです(骨なしがよければ胸肉かささみ)。

お肉の値段が圧倒的に安いのは嬉しいんだけど、
日本で流通してるスタイルで売られていないのが残念ポイント。

とは言いつつも、ドイツで薄切り肉や骨なし鶏もも肉をを食べるのは不可能ではありません。

塊肉を買ってきて一度冷凍し、それを家の包丁で一枚ずつ切る方法もありますが、
その作業はめんどくさいすぎるので私はお肉屋さんに直行しています。

今回は無性に肉豆腐が食べたかったので、
ちょっと面倒ですがお肉屋さんで薄切り肉を購入してきました。



カウンターで注文する

お肉屋さんのお肉はスーパーのお肉に比べて少し割高だけれど、
新鮮で種類が豊富なのでちょくちょく利用しています。

ちなみに普通のスーパーにお肉カウンター(?)を設けているところもあります。

REWEEDEKA等の中規模以上の店舗だとかなりの高確率であるかな。

普段買い物をしているディスカウントスーパー(Lidl・ALDI・Netto等)にはありません。

今回購入した場所はKauflandという大型スーパー内に併設されているお肉カウンター

肉豆腐に合うように豚バラ肉やロースなんかがあったらよかったのですが、
この日カウンターに並んでいた塊肉は肩ロースのみだったので、これを注文することに。

カウンターのおばちゃんに
「この塊肉を紙みたいにペラッペラに切れる?
手じゃなくてマシーンで切って!ちょっとくらい破れてもいいから!」
と低姿勢で聞いてみると、なんと快諾してくれました!

どのお肉屋さんでも毎回「ハァ?」ってちょっと嫌そうな態度や困った顔をされたり、
「次からは事前に電話一本して」と言われるのですが、今回はなんとすんなり成功しました。

500g弱で4ユーロ以下という安さ

 

次からはKauflandのおばちゃんに頼むしかない!

ちなみに鶏もも肉の骨外しもこういったカウンターで無料でやってもらえます。

肉豆腐を作る

帰宅したら早速調理を開始します。

今日の記事の主役は薄切り肉なので、手順や材料の紹介は省略。

さっそくお肉を開封してみると、こんな感じでかなり薄く切ってくれたのが分かります。

ついでにドイツの豆腐も紹介すると、こんな感じ(中身抜いちゃった)。

味はあんまり美味しくありません。とにかく固くて密度がすごいです。

ぎっしりみっちりしているので、そのまま食べるには微妙ですが、
例えば煮込んだり炒めたりしてもまったく荷崩れしない等、いいところもあります。

そして完成した肉豆腐がこちら!

脂身がほぼ皆無なので少し物足りないのが否めませんが、
「薄切り肉」が食べられただけでもはや満足です。

余ったお肉はどうやって食べようかな~生姜焼きかな、と今から妄想が止まりません。

ちなみにエイの箸置きは彼氏のママからのプレゼント(詳しくは前々回の記事)。

やっぱり和食を食べると心身ともに幸せな気持ちになります。

お米がもちもちで甘みがあったら、さらに幸せレベルが上がるんだろうなあ。