【日本でも購入可】大好きなミューズリーの話

【日本でも購入可】大好きなミューズリーの話

ミューズリーってご存知ですか?

ドイツの朝食ではポピュラーなシリアルの一種です。

感覚としては、グラノーラよりも甘さ控えめでヘルシーだけど、オートミールほどまずくない

といった具合です。

私がドイツが好きな理由のひとつに、このミューズリーが挙げられ、
毎朝お気に入りのミューズリーを食べるのが日課になっています。

グラノーラとオートミールとの違い

ミューズリーはグラノーラとオートミールの中間地点に立つシリアルです。

グラノーラもミューズリーも、もともとの姿はオートミールです。

オートミールとはオーツ麦を水や牛乳でふやかして食べるお粥のようなもの。

しかしこのままではあまりに味気ないので、
ここにナッツやドライフルーツを混ぜ、更に食べやすいように少し甘みも足します

この状態がミューズリーです。

しかしミューズリーの主役はあくまでオーツ麦なので、
少しふやけないと食べづらいのが否めません。

あくまでオートミールの進化系に過ぎず、甘みも最低限に抑えられているので、
おやつ代わりにポリポリ食べることができません。

そこで更に食べやすくしようと加工されたのがグラノーラです。

グラノーラはミューズリーの状態から
更にシロップや植物油を加えてオーブンで焼き上げることで完成します。

十分に味付けが施されていて、また加熱処理しているので食べやすいといった
特徴を兼ね備えているのがグラノーラというわけです。



豊かすぎるバラエティー

話をミューズリーに戻しましょう。

ドイツのスーパーに行くと、
シリアルコーナーの大半をこのミューズリーが占拠しています。

チョコ味ココナッツ味、少し変わったものだとラズベリーヨーグルト味といった
フレーバーまで出ているので飽きることがありません。

また、砂糖少な目カリカリを追究したミューズリー等もあって、
自分の好みにあったものを必ず見つけることができます。

私のお気に入りは砂糖少な目のチョコ味。

中でもオススメはLidlというスーパーで購入できるミューズリー。

プライベートブランドなのにクオリティーが高く、
チョコ味のカリカリやチョコチップがふんだんに入っているので大好きです。

他のブランドも試しましたが、甘さ控えめすぎて全然美味しくなかったり、
逆にチョコの割合が多すぎて朝にサクッと食べるには重かったりしました。

アレンジ次第で無限大の美味しさに

ドイツのミューズリーは様々なフレーバーのおかげでマンネリ化することがありませんが、
更にここでアレンジを加えることで無限大に楽しむことができます。

私の最近のお気に入りはココナッツファインティースプーン2杯くらい加えること。

ココナッツファインも安くスーパーで手に入るので、惜しみなくかけて食べられます

 

ココナッツが混ざるだけで風味と食感に変化が出るので、
ココナッツが好きな人はかなりの高確率で病みつきになるでしょう。

他にもフルーツをトッピングしてみたり、
牛乳の代わりにヨーグルトで食べてみたり、様々な楽しみ方ができます。

ちなみにドイツ人の友達の実家にはミューズリーの原材料そのものを保管しており、
その子の家では自分の入れたい穀物をお好みで調合して
最後にミルで細かく挽くなんてこともできます。

日本での購入方法とまとめ

今日はシリアル好き必見のミューズリーについて紹介しました。

日本ではあまり有名ではありませんが、
KALDI成城石井といったお洒落スーパーで売ってたりします。

我が家でも、私がドイツのお土産でミューズリーを買って帰ったことがきっかけで、
フルグラからミューズリーにシフトチェンジしました。

通販でも買えるので、興味がある方は是非!


エルサンク・ジャポン 有機シリアル ミューズリータイプ 480g【ハイファイバープレミアム ビオミューズリープレミアム フルーツミューズリープレミアム】[エルサンク・ジャポン グラノーラ オーガニック]

こっちは具がゴロゴロしててリッチ。しかもオーガニック!種類もいくつかあります。


カントリーファーム フルーツナッツミューズリー 750g

こっちはとてもシンプルで甘みもかなり控えめ。ドイツから輸入された本物です。