ドイツで便秘になったら

ドイツで便秘になったら

ご無沙汰してます。

いつの間にか5月になってしまいました。

日本は新元号『令和』に切り替わり、
稀に見る10連休も相まってお祭りモードみたいですね。

ドイツにいると、ありがとう平成モードや平成最後の〇〇、
またあるいは令和初の〇〇についていけなくて浦島太郎状態です。

Twitterをこまめにチェックして、必死に追いついてるというか…(トホホ)

さて、今日の本題は『便秘』です。



ドイツで便秘

便秘はドイツ語でVerstopfung(フェアシュトプフング)と言います。

ドイツは水が硬水なせいか、こっちで便秘になることは私はあまりありません。

しかし、先月親知らずの抜歯をして以来(その時の記事はこちら)、
流動食や栄養のない柔らかいものばかりを食べていたせいか便秘になってしまったのです。

おまけに親知らずの次には人生初の膀胱炎にもなってしまい、てんやわんや。

抗生物質の影響で胃腸の調子もあまり良くなく、便秘はいっこうに治りません。

さて、困った…。

自然に治らないのなら何か対策を講じなければなりません。

でも大丈夫!ドイツには便秘を撃退する素晴らしい食べ物が揃っています。

最強のパンといえばプンパーニッケル

ドイツのパンの種類の多さは世界一です。

小麦粉だけでなくライ麦や全粒粉をふんだんに用いたパンがたくさんあり、
また発酵方法や焼成時間にもバリエーションがあります。

でも便秘に効くパンといえば、ダントツでPumpernickel(プンパーニッケル)

見た目はこげ茶色(ほぼ黒に近い)で、超ずっしりしています。

低温でじっくり時間をかけて蒸し焼きするので、食感がパンっぽくありません

なんだろう、カテゴリー的にはパンだけど、ふんわりもっちり伸びる感じがしないのです。

かなりしっとりしていて、半分に折り曲げると簡単にポロっとちぎれるのも特徴です。

味はというと、ドイツパンあるあるの酸っぱい感じ+黒糖のような深みのある甘さがあります

好き嫌いが分かれると思いますが、私は結構好き。

これにバターとジャムをたっぷり塗って食べたり、
クリームチーズとサーモンを乗っけてオープンサンド風に食べるのもオススメ。

こんな感じでハーブを混ぜ込んだサワークリームにラディッシュを添えて食べるのもアリです。

ところでプンパーニッケルはなぜ便秘に効くのでしょう?

それは原材料の90%以上が全粒ライ麦でできているからです。

ライ麦は食物繊維が豊富で、ビタミン・ミネラル等の栄養もたくさん含んでいます

そして、プンパーニッケルは乳酸菌を多く含んでいるので、
腸内環境を改善する役割も果たしてくれます。

小さな一切れにギュッと栄養が詰まっている(その分カロリーも高め)ので、
朝食の時に一切れ食べるだけで満足感を得ることができ、かつ便秘も治ります

本当にプンパーニッケルの効果はてきめんで、
私はこれを食べて一発で治りました。

ちなみに日本でもカルディーや成城石井で買えるみたいです。

ネットでも商品を見つけたので、興味ある方は試してみてくださいね。


メステマッハー オーガニック プンパーニッケル(500g)【イチオシ】【メステマッハー】

最近のドハマりはチアシード

便秘解消のために始めたもうひとつの食材はチアシード

チアシードも食物繊維・栄養価に富むのでおすすめ。

そしてなんといっても腹持ちが良く、
スプーン1杯で空腹がまぎれる優れものなのでダイエットの味方です。

私が初めてチアシードに出会ったのは、バイト先のスムージー屋さんでした。

そこでストロベリーバナナヨーグルトスムージーという商品があったのですが、
それにチアシードを混ぜて提供していたのです。

これが美味しくて美味しくて、メニューの中で1番大好きなスムージーでした。

今思えば、好きなのはチアシード単体ではなくスムージーの味だったのですが、
この前スーパーでチアシードを見つけてつい買ってしまったのです。

1日の摂取量は大さじ1杯(戻す前)なので、これを10倍の水で一晩漬けます

写真で見ると分かりますが、大さじ1杯だけでこれだけ増えます。

チアシード自体には味がないので、
これをスムージーに混ぜて飲んだり、ヨーグルトに入れて食べたりすると美味しいです。

食感がトゥルトゥルしていて、ハマりだしたら止まらないんだなあ。

レシピ検索していたら、こんなオシャレなアイスバーも見つけました。

値段もお手頃だし、簡単なデザートになるし、健康にいいし、
いいことすくめですね。

今は日本のスーパーでも普通に手に入るのかな?
コストコでは1kgの大容量パックが売られているらしいですが…。


チアシード 900g 送料無料 日本人生産 高品質

まとめ

今日はドイツで便秘になった時のお助けフードを紹介しました。

もちろんりんごやバナナなんかのスタンダードな食べ物も便秘によいとされていますが、
圧倒的な効果を求めるならばプンパーニッケル一択です。

それにプラスしてチアシードも食べれば完璧!

私は朝食はミューズリー派なのでプンパーニッケルはめったに食べませんが、
チアシードは便秘が治った今でも食べ続けています。

会社で小腹が減った時に、スプーン1杯のチアシードをカフェオレに混ぜて飲むのが
最近のマイブームです。