私が通ったザールラント大学

私が通ったザールラント大学

このブログでもちょくちょく書いていますが、
私は学部3年生の後期から1年間、ドイツのザールラント大学に留学していました。

ザールラント大学は、ドイツの中南西部に位置する国内で1番小さな州
ザールラント州に位置する大学です。

ザールラント州はいわゆる田舎。

でもとってもとってもいいところでした。

留学先にザールラントを選んで本当によかった、と心から思える素敵な場所です。

遠距離恋愛の関係上、2か月に1回ザールラントに行っているのですが、
この前の週末は有給をくっつけて少し長めにザールラントに滞在できたので、
大学の写真をいくつか撮ってきました。

今回は私の通っていたザールラント大学の紹介をしていきます。

ドイツでは珍しいキャンパス型

ヨーロッパの大学は、いわゆるキャンパスを持たない大学が多く、
ドイツに限ってはキャンパスのある大学はめったにありません。

たいていは校舎が街の中に溶け込んでおり、
普通の建物と同化するかのごとく四方に分散されています。

しかしザールラント大学はなんとキャンパスがあるのです!

それもそのはず、なぜならザールラント大学は森の中にあるから。

キャンパスの奥には森が見えるし、
私の住んでいた大学近くの学生寮の名前は「Waldhaus(森の家)」です。

でも、森と言っても暗く険しい森林ではなく、
お散歩道がたくさん開拓されているような明るい雰囲気

暖かく天気がいい日は毎日森の中を通り抜け、のんびり30分かけて徒歩通学していました。

もちろんバスも通っているので、遅刻しそうな時・太陽が沈んでいる時は歩きません。

バスといえば、このキャンパスはかなり広いので停留所が大学内にも4か所設置されています。

1つ目の停留所は大学の門の手前。

この門に注目してもらいたいのが、書かれている言語。

ザールラントは徒歩でフランスに行けちゃうくらいドイツの端っこなので、
第二言語がフランス語だったりもします

ちなみに戦後1947年から10年間はドイツ本国から分離され、フランス領だった時期もありました。

ザールラントの歴史は結構面白いので、興味ある人は調べてみてくださいね。



閑話休題!この門を潜り抜けると見えてくるのが大学のメインロータリー。

ここで乗り降りする学生が一番多いです。

バス停の目の前には留学生向けのウェルカムセンターが設置されているという親切さ。

ロータリー前には銀行カフェ美容院などの施設も入っています。

これらを初めて目にした時は、なんという充実っぷりだろう!と感動しました。

この上の階は学生団体や留学関連の担当者のオフィスが入っています。

単位認定や食器のレンタルをするために、ちょこちょこ足を運びました。

図書館と校舎

図書館はキャンパスにいくつかあります。

大きな総合図書館に加え、学部ごとの専門書を取り扱う図書館がそれぞれありました。

図書館の雰囲気は至って普通なので写真はあまり撮っていません。

ここは私のお気に入りだった自習スペース。

吹き抜けの2階で本棚がスカスカなのと、机の数が少ないのが気に入っていました。

かなりお世話になったのは取り寄せサービス

オンラインでポチっと押すだけで、閉架の本も引っ張り出してくれて、
しかも学籍番号ごとにまとめて用意してくれるのです。

これを勝手に取って自分で貸し出し手続きまで済ませることができるので、
レポートやプレゼン資料集めの際は結構重宝しました。

ちなみに返却手続きも機械(写真の右端に写ってるやつ)でサクッとできます。

校舎は学部ごとに分かれているので、
よほどバラエティーに富んだ履修をしない限り同じ校舎に通うことになります。

特に意識はしていなかったのですが、
シラバスを見て面白そうだなと思って履修した講義やゼミは全部この建物でした。

本当は講堂や教室の写真も撮りたかったのですが、
追試期間中でどの教室が空いているのか分からなかったので断念。

でも日本の大学とほとんど変わりません。

学食だけじゃない!敷地内のカフェがすごい

実はザールラント大学には生協の学食の他に10以上のカフェがあります

カフェだけでなく、本格ハンバーガー屋さんスーパーなんかも敷地内にあるのです。

私は基本的にはメンザと呼ばれる学食を食べていましたが、
気分によってちょこちょこ選べたのはよかったな、と思います。

メンザの時は学生カードを電子マネーとして使えるので、
パスモみたいにたまにチャージしながら利用していました。

この日メンザに着いた時間が既に営業時間を過ぎていたせいで、
残念ながら学食にはありつけず。

おまけにまだ秋学期が始まっていなかったのでガラガラでした。

写真はありませんが、メンザのご飯は可もなく不可もなくです。

ドイツの大学の学食は基本的にマズいことで有名なのですが、
ザールラント大学の学食はそこまで酷くはありません。

値段のわりにボリューム満点味もそこそこなので、結構好きでした。

キャンパス内の数あるカフェの中で1番気に入って通っていたのは
メインロータリー前の芝生の上にあるカフェ。

立地が便利なことと、ご飯と店の雰囲気が結構私好みだったので贔屓にしていました。

しかもこの前久しぶりに行ったら改装されていてビックリ!

大学内併設のカフェとは思えないほど洗練された空間になっていました。

今もあるかは分かりませんが、このカフェの
ポタージュスープグラタンは絶品でした。

まとめ

今日は私が留学したザールラント大学について紹介しました。

今回は省略しましたが、キャンパス内には充実したスポーツ施設もあります

私が留学していた頃は、体育館でトランポリンのコースを受けたり、
鏡張りのダンススタジオでジャズダンスのコースを受けたりもしていました。

他にもプールビーチバレーコート等も完備されています。

こうやって久しぶりに大学内を歩き回っていると、
ここで〇〇をしたな、あそこは〇〇だったな、と様々な記憶が蘇ります。

留学中は全てが楽しいことばかりではなかったけれど、
それでも毎日が充実していて、最高の1年間でした。

ザールラント大学は、そんなにポピュラーな大学ではないけれど、
他の有名大学に負けない魅力があると私は思います。

なによりも、あののんびりとした雰囲気がとっても和みます。