何を食べても美味しいカフェ

何を食べても美味しいカフェ

今日紹介するカフェは「Speisecafé Die Fabrik」というお店。

店名を直訳すると“ご飯カフェ・ファブリック”

読んで字のごとく、このカフェは食事メニューがかなり充実しています

しかも何を食べても美味しく、ハズレがないという無敵さ。

ちなみに先にお伝えしておくと、前回の記事でお話ししたカフェがまさにここです。



ガッツリメニューからスイーツまで

このカフェはとにかくメニューが豊富。

毎日(土曜日を除く)11時から18時まで営業しているので、
ランチや午後のティータイム、ちょっと早い晩ご飯にもピッタリです。

壁いっぱいに書かれたメニューをじっくり眺めながら、
今日はどうしようかな~と悩む時間が楽しい。

軽めがよかったらサラダサンドイッチ、キッシュ
あるいはじゃがいものポタージュといったスープ類も多数取り揃えています。

お腹がぺこぺこだったらチリコンカンカレー
パスタグラタンなんかのガッツリ飯もたくさんメニューに並んでいます。

スイーツ類は、夏だったらパフェが圧倒的に美味しい

自家製のアイスにたっぷりのフルーツやソースがかかっていて、
こりゃあもう病みつきになる!

今年も何度もリピしたのに、ちゃんとした写真を撮っておらずお見せできないのが残念です。

でもアイス以外ももちろん美味しいからオススメ。

ショーケースに入ったケーキの他にも、手作りマフィン焼き菓子なんかも取り揃えているので、
甘いものをちょこっと食べたい時にはピッタリです。

具だくさんの満足ブリトー

最近このカフェで食べたのは、このお店の定番メニューでもあるブリトー

ブリトーの具材はプルドポーク、チリコンカン、ベジの3種類の中から選べます

私が今回選んだのはプルドポーク!

ここのブリトーは作り置きではなく、注文が入ってから一から作ってもらえます。

中身をチラっとみるとこんな感じ。

ホロホロと柔らかい自家製プルドポーク、とうもろこしを混ぜ込んだご飯、
たっぷりのゴーダチーズ、レタス、サルサソース、そしてハラペーニョも入っています。

プルドポークの優しい味付けと、ピリリとコショウの効いたまぜご飯が
いい組み合わせになっていて、思わずパクパクと食べ進めてしまう美味しさ。

そこにハラペーニョがいいアクセントになって、さらに食欲増進って感じ。

全ての具材がこれでもかってくらいギッシリ詰まっているので、少し食べづらさはありますが、
そこは割り切ってかぶりつくしかありません。

ちなみにここのブリトーはかなりボリューミーなので、
これ1個でかなりお腹が膨れます(というかもはや満腹)。

ドッシリだけどしっとり!チョコレートチーズケーキ

冒頭でも触れましたが、このカフェはスイーツも美味しい。

今回紹介したいのは、チョコレートチーズケーキです。

見た目からも分かる通り、このケーキは超ドッシリ系。

これを一切れ食べると、まあかなりお腹に溜まるのですが、
意外にも油っぽさや砂糖の甘ったるさは感じません。

逆にこのドッシリ感と絶妙なしっとり感がもはや心地いい感じさえします。

「私、今ケーキをガッツリ食べてるぞ!」って気にさせてくれてる(?)
そんな満足感のあるケーキです。

土台はチョコレートのしっとりタルト生地。

中の白い部分はチーズケーキになっていますが、
クリームチーズではなくクヴァーク(ヨーグルトっぽい乳製品)がベースなので、
口当たりはさっぱりとしていてくどくありません。

そして最後の美味しさの決め手!

生地の上にはクッキーとブラウニーのあいのこのようなチョコクランブルと
カシスとスグリの実がふんだんに乗っています。

この組み合わせが最高で、チョコのまったり感とベリーの甘酸っぱさがベストマッチです。

ドリンクメニューも裏切らない

ここまでくれば予想はつくかもしれませんが、
もちろんドリンクメニューだってひと通り揃っています。

この前初めて頼んで驚いたのは「アイスラテ」

ドイツのカフェは、アイスラテが必ずしもメニューに載っているとは限りません。

でも「氷たっぷりのグラスにエスプレッソと牛乳を注いだやつできる?」と聞くと、
「オッケー、できるよ!」と特別に作ってくれたりもします。

今回もそれをお願いしようと思ったら、私の説明の途中で
「うん、だいたいわかった!アイスカフェね!」と店員さんが一蹴り。

嫌な予感がしつつ待っていたら出てきたのがこれ。

何だこの生クリームもりもりラテは!

Eiswürfel(氷)ってわざわざ言ったのに、お店のお姉さんはEis(アイス)の部分しか
聞いていなくてバニラアイスをぶちこんだ模様。

しかもグラスの大きさも超ビッグサイズで驚きが隠せません。

バニラアイスと大量生クリームのカロリーを考えたら卒倒してしまいそうです。

でも一口飲んでみたら、まあ美味しんだわ。

甘くて冷たい飲み物をゴクゴクと飲みたかった私にはうってつけでした。

まとめ

今日は「Speisecafé Die Fabrik」を紹介しました。

ご飯もスイーツも飲み物も、どれも美味しくて、しかも値段もお手頃。

お店の人はいつもニコニコで優しいし、お財布を忘れても許してくれるし(!)、
とにかく何度も通いたくなっちゃうカフェです。

店内の雰囲気が食堂っぽくてオシャレさに欠けるのは否めませんが、
日常使いにはちょうどいいかな。

インビス(ケバブ屋みたいな店)以上レストラン以下みたいな立ち位置なので、
女性1人でも入りやすいですよ。

ちなみにアクセスはトラムの1・2番“Zwinglistraße”で降りてすぐです。

街の中心地からは少し離れますが、興味がある方はぜひ!