お花に囲まれたリノベカフェ

お花に囲まれたリノベカフェ

前回、火力発電所をリノベーションしたエリア
「クラフトヴェルク・ミッテ」についてお話ししましたが、今日はその続きです。

なんとこのエリアの中には素敵なカフェもありました。

今日はそのカフェ「T1 Bistro & Café」を紹介したいと思います。


もともとは守衛室

クラフトヴェルク・ミッテにあるお店や施設は、発電所時代の建物をそのまま使っています

カフェ「T1 Bistro & Café」もそのひとつ。

ここはもともと守衛室として使われていた小屋でした。

見た目からは全然分かりませんが、言われてみればたしかに納得のいく部分も。

例えばこのお店はクラフトヴェルク・ミッテの入り口すぐ横にあったり、
道路に面した側には受付のような窓口もあります(今は持ち帰り用の注文カウンター)。

お花に囲まれたカフェ

お店の前に立つとまず目を引くのが、たくさんのお花に囲まれたお庭。

一応、中にも席はありますが、ほとんどのお客さんは外のテラス席に座っていました。

もちろん私もテラス席をゲット。

オマケ

お酒と軽食も充実

このカフェは朝は9時から(土日は11時)、夜は24時まで営業しているそう。

時間に合わせた軽食メニューも用意されており、朝だったらモーニング、
午後のティータイムはケーキ類、そして夕方はキッシュやスープもあります。

レジ横のクッキーもかわいい。

ちなみにこのレモン水はセルフサービスで自由に飲めます

味が濃くて美味しかった…!

私はこの日はラテマキアートしか注文しませんでしたが、
食べ物系だとキッシュが気になりました。

ついでにお酒類、特にワインがそこそこ充実していたのも印象的

カジュアルな雰囲気で1杯飲むのにうってつけかもしれません。

ちなみに注文と会計は先にレジで済ませ、頼んだものを自分で席に持っていくスタイルです。

まとめ

今日はクラフトヴェルク・ミッテで見つけたカフェを紹介しました。

お花に囲まれた素敵なカフェ、ぜひ行ってみてください。

ブランチにもティータイムにも夜の1杯にもぴったりです。

アクセスの方法はSバーンの駅 “Dresden Mitte” から歩いていくか、
トラムやバスだと “Dresden Schweriner Straße” からも行けますよ。