【かわいい】タピオカとバインミーのお店

【かわいい】タピオカとバインミーのお店

今日紹介するのは、日本でも流行りのバインミーとタピオカが楽しめるカフェ。

今年の5月に新市街にオープンして以来、
ずーっと行きたくてチャンスを逃していたカフェです。

ひとつ前の記事で駅前のタピオカ屋さん「チャタイム(Chatime)」について書いたので、
せっかくならタピオカを比較してみようと思い、行ってきました!

お店の名前は「The Amitea」です。



ベトナム×台湾のコンビカフェ

今回のカフェ「The Amitea」の特徴は、ベトナムと台湾を掛け合わせているところ

屋号はタピオカドリンク屋さんと銘打っていますが、
メニューを見るとバインミーチェーなどのベトナム料理があります。

ドレスデンには歴史的背景からベトナム系の人が多く住んでいるため、
ベトナム料理屋さんがたくさんあります。

しかし、この手のオシャレなカフェスタイルを見かけたのは初めて!

かといってゴリゴリのベトナム推しかというと、そうでもなく、
メニューをじっくり見るまで気が付きませんでした。

ちなみにタピオカはしっかり台湾風で、ちゃんとお店で一から仕込んでいるみたいです

ベースとなるドリンクの種類も、他のタピオカ屋さんに引けを取らない充実っぷり。

まさにベトナム×台湾のコンビカフェって感じで、このコンセプトに惚れちゃいました。

お店の雰囲気もとっても可愛くて、女の子なら思わず入りたくなってしまう佇まいです。

タピオカはウーロンミルクティーを注文

まずは先日の「チャタイム」と比較するためにタピオカドリンクを注文。

メニューを見ると、気になるドリンク(右側)がたくさん…!

黒糖ミルクティーにココナッツ抹茶ミルクティー、
ちょっと変わったものだとヘーゼルナッツミルクティー等も。

ここに載ってるメニューはミルクティーのみですが、他にも
ストレートティーベースのものやティーラテ、あるいはスムージーもあります。

どれにしようか迷って店員さんに聞いたところ、
ウーロンミルクティーがオススメとのことだったので、それを注文しました。

本当はいわゆる王道のミルクティーが飲みたかったのだけれど、
ベースの銘柄は何か聞いたところ「ブラックティーだ。それ以上は分からん」の一点張り。

それならオススメにしておこう…となったのでした(チャタイムと比較もできるし)。

甘さや氷の好みは特に聞かれませんでしたが、言えばやってくれる様子。

とりあえず氷抜きがいいことだけ伝えて、タピオカを追加してもらいました。

ちなみにトッピングは他にもいろいろあって、フルーツの味付きタピオカ
バジルシード、アロエ、フルーツゼリー、あずき等がありました。

そして出来上がったのがこちら。

カップの底が丸っこくてかわいい~~~!

気になる味はというと、第一印象が「甘い」

デフォルトの甘さだと結構甘みが強くて、
肝心な紅茶を楽しむには甘すぎる気がしました。

一応ウーロンミルクティーだったのですが、ウーロン感はほぼゼロ

紅茶本来の香りを楽しみたい場合は、前回のチャタイムの方がいいかもしれません。

タピオカは小粒寄りで食べやすく、芯も残っていないのは安心しました

でも氷抜きって言ったのにガッツリ氷が入ってたのは残念だったな。

バインミー美味しすぎる

この日は仕事後で小腹がすいていたので、軽食としてバインミーも注文しました。

ご飯系は中華まんぽいものやもち米を蒸したベトナム料理があって迷いましたが、
最終的にはバインミーに決定。

ちなみにバインミーというのは、ベトナムのサンドイッチのことです

このお店にもいくつか種類があって、中の具材を選ぶことができました。

初めてだったのでまずはクラシックタイプにしようかな…と思いきや、
いきなり口から「チキン」という言葉が漏れてしまったので、そのままチキンに。

注文すると、さっそく目の前で作ってくれました。

そしてしばらく待つと…じゃじゃーん!

初めてのバインミー、めちゃくちゃ美味しい!!!

パンは外側がカリッとしていて、中はふんわり。

具材もゴロゴロはいっています。

メインの蒸し鶏は大きく分厚くカットされていて、
野菜はきゅうり・にんじん・大根・パクチーが入っていました。

ベトナム料理について全然詳しくないので、
何のソースを使っていたのか分からないのですが、とにかく美味しい!

甘辛なチリソースっぽいエキゾチックな風味とゴマのソース?ペースト?が
いい感じにマッチしていて、パクパク食べられます。

このお店のバインミーは結構人気みたいで、タピオカではなく
バインミーのみテイクアウトで買いに来るお客さんがたくさんいました。

みんな決まって豆腐のバインミーを頼んでたので、今度は私もそれにしようかな。

ちなみに値段は4,2ユーロ

これひとつでかなりお腹いっぱいになるので、コスパもいいです。

まとめ

今日はタピオカとバインミーが食べられるカフェ「The Amitea」を紹介しました。

タピオカミルクティーはチョイスが微妙だったかな。

今度は違うベースのドリンクを甘さ控えめで試したいと思います。

あとはバインミー!美味しくてボリュームもあったので、これはリピ確。

お店の内装もファンシーで可愛らしいので、
女の子どうしで軽くお茶するにはうってつけのカフェです。

ちなみに場所はAlbertplatz(アルバートプラッツ)からまっすぐ歩いて数分です。