留学時代に辛かったこと

留学時代に辛かったこと

私はよく、「いつも前向きで順風満帆な人」と思われがちです。

しかし実際は違います。

めちゃくちゃ泣き虫だし、打たれ弱いし、
完璧主義で苦しくなることもあるし、自分の行いに対する後悔も多いです。

でも、それでも生きていくしかありません。

私は学部生の頃、ドイツのザールラントに1年間留学していましたが、
そこでも辛いと思うことがたくさんありました。

今日はそんな「メンタルの弱いりっつ」が
留学時代の辛いエピソードについて書いていきたいと思います。

ドイツ語ができない

当たり前すぎる話ですが、
1番最初に落ち込んだ大きな原因は言葉の壁

もちろん語学力を伸ばすために留学に来ているので、
最初は壁にぶち当たって当然です。

ましてや私は日本でバイト三昧の不真面目学生だったので、もう辛い辛い。

まあ自業自得なんですけどね…。

私の場合は、正確に言うと「ドイツ語が分かるのに、自分で話せない」のが問題でした。

耳はよかったので、人の話していることは分かったのですが、
いかんせん自分の口から何も話せないので、もどかしさでいっぱいになるのです。

語学学校でも、私よりドイツ語歴の浅い若い子がペラペラ喋っていたので、
最初は悔しい気持ち羨ましい気持ちといろんな感情が交錯していました。



あとは、元から私のモチベーションが高くなかったことも起因しています。

私の通っていた学校はDSHという外国人のための大学入試準備コースだったので、
私以外の全員が試験合格に向けて頑張って勉強していました。

一方で私はただドイツに1年間住みたいだけの、なんの目標もない学生です。

ドイツ語ができないのは悔しいけど、そんな歯を食いしばってやりたくない!
私はそんな試験を受ける必要がないのだから、みんなみたいにカリカリ勉強したくない、
と生意気なことをずっと言っていました。

その温度差と、実際の私のドイツ語レベルが原因で、
一時期学校をサボってバイトに逃避することもありました。

以前留学中のバイトについて記事を書きましたが(その時の記事はこちら)、
バイトを始めたきっかけは語学学校の授業が嫌だったからです。

でも、なんだかんだ文句を言いながらも学校には通い続け、少しずつモチベーションも上がり、
最終的にはクラスの子と一緒にDSHも受けました。

そして筆記はクラスでナンバーワンの成績で合格しました。

ドベに近い成績からここまで追い上げた時は、さすがに嬉しかったし、
最初は辛かったけど頑張って通ってよかったな、と思えるようになりました。

ついでにそのクラスの中でも仲良しの友達ができ、
最近ザールラントに行った時もその子と一緒に遊びました。

ドイツ人の話し方がキツく感じる

ドイツ語が少しずつ喋れるようになり、
ドイツ人の友達も増えていったところまではいいのですが、今度の壁は彼らの言葉選びです。

好きになれなかったのは大きく分けてふたつ。

ひとつめはストレートな言葉を平気で投げてくるところです。

ドイツの人たちはとても正直で、それが人としての誠実さに繋がるという考え方なので、
日本人ならオブラートに包んで曖昧に伝えようとすることを彼らは直球で投げてきます。

例えば「〇〇に行かない?」という友達の誘いがあった場合、
もし行きたくなかったら「ごめん用事があるんだ」とか
「ちょっとまだ分からないから行けそうだったら連絡するね」といった具合で
遠回しに断ることが多いと思います。

でもドイツの人たちは正直なので「興味ない(kein Interessant)」のひとことでおしまい!

これをグループチャットで言われようもんなら、私だったらちょっぴり傷つきます。

とは言え、これは彼らの文化なので仕方がありません。

逆にこれに慣れてしまえば、正直に生きることができて精神衛生上いいような気がしました。

そして、もうひとつ好きになれなかったのは皮肉やジョークです。

皮肉を言う文化もまた日本にないので、これに慣れるのもかなり時間がかかりました。

例えばちょっと大きめの字で書かれた小説を読んでいた時に、隣の彼が
「ずいぶんと小さな字の本を熱心に読んでいるねぇ」と意地悪っぽく言ってきたり。

そう、彼らは皮肉を込めて反対のことをよく言ったりするのです。

ドイツ人全員がそうではありませんが、そういう皮肉な表現は結構耳にします。

でもこの感覚も慣れてしまえばこっちのもん。

電車が遅延した時に「ありがとう、ドイツ鉄道(Danke, detusche Bahn!)」と言うと
周りのみんながゲラゲラ笑ってくれて、ひと笑いとってやったぜ感がありました。

最近のエピソードだと、会社の新商品のキャッチコピーをみんなで考えていた時、
あまりにもセンスのない名前に決まってしまったことがありました。

その時、私がボソッと「とってもクリエイティブな名前だね」と呟きました。

すると、目の前にいた同じチームの人が
「まったくだよ…。ほんとクリエイティブ」と面白がりながら乗ってくれたり。

そう、これも自分で使いこなせるようになってしまえば、どってことない言葉遊びになります。

突如始まったホームシック

ドイツ語関連で辛いことが減ってきた矢先に襲ってきたのは突然のホームシック。

私はドイツ大好き人間だったので、留学中にホームシックになるのは計算外でした。

なぜホームシックにかかってしまったかというと、
ちょうど今ごろの時期、11月末に両親がドイツに遊びに来てくれたからです。

9月から留学を始めたので、ほぼ3カ月ぶりの再会でした。

両親の滞在中に一緒にいろんなところにお出かけしたのですが、
親に甘える感覚や一緒にいるだけで心が安らぐ安心感を思い出してしまい、
彼らが帰った瞬間は1日中ボロボロでした。

語学学校でも、その後の大学の講義中でも涙が止まりません。

講義の内容に全く集中できなかったので途中で抜けて家に帰ったのですが、
部屋でもベッドの上でわんわん泣いていました。

その時に日本の友達にも久しぶりに連絡をした気がします。

結局その日の夜、ドイツ人のタンデムパートナーに
ファンタスティックビーストを観に行くからりっつも来い、と半強制的に外に連れ出され、
気づいたらケロっとホームシックを忘れていたことが今でも頭に残っています。

それ以来大きなホームシックにはかかっていませんが、
それでもやっぱり両親のことが大好きなので恋しく思うことが多々あります。

ちょうど2週間ほど前も、両親がドレスデンに遊びに来てくれて
一緒にプラハやベルリンなどにおでかけしたのですが、やっぱりお別れの直後はきつかったです。

9月の一時帰国の時と全く同じ流れで、
私が半泣き状態で会社に着き次第、目の前の女の子がハグしながらよしよししてくれました。

そうなんです。

もともと甘ったれの私がホームシックにならないのは無理!

泣き虫が泣いて何が悪いんだ!治そうと思っても治せないものは無理!

でも、気分をいかに切り替えるかは上手くなった気がします。

冬の外の寒さと暗さは異常

ドイツの冬ってめちゃくちゃ暗いんですよ…。

だって語学学校で1限がある日なんて、まだ外が真っ暗ですからね…。

今は会社に10時までに出社すればいいので、少し明るくなってから家を出ていますが、
留学中は時間割が決まっているので好きな時間に起きられません。

真っ暗な中での登校は本当に気が滅入ります(オマケに日が昇る前は寒い)

そして日没時間が驚くほど早いのも悲しいところ。

夏場は夜10時まで明るいのに、冬になると夕方4時半の時点で真っ暗です。

暗いのがどうした?って思う人もいるかもしれませんが、
本当に暗いだけで気分もどんよりしてくるんです。

でも、これを特に感じるようになったのは仕事を始めてからかな。

少し前まで明るいうちに退社できていたのに、今ではそれはほぼ不可能です。

だって頑張って4時に退社しようとすると、今度は真っ暗な朝の通勤が待っているんだもの。

ちなみに留学中の読解問題のテーマに「冬の鬱」というものがありました。

どうやら日照時間が短いせいで気分が憂鬱になるのは研究でも分かっているみたいですね。

これの対処法はとにかく明るく・暖かくすること。

例えばそのひとつがクリスマスマーケットに行くこと!

クリスマスマーケットは電飾がいっぱいでとにかくキラキラ明るいので、
ちらっと素通りするだけでも気分が上がります。

お家ではデコレーションに凝ってみたり、
アロマオイルを焚いてリラックス空間を作ってみるのもオススメです。

まとめ

今日は留学中に私が直面した辛かったことについて書きました。

お気づきの方もいるかもしれませんが、
これのほとんどが留学前期の秋から冬にかけてのエピソードなんです

春から夏は留学の2学期目、つまり後半戦だったので、
友達ともかなり仲良くなり、ドイツ語も上達し(語学学校はDSHに合格したので行きませんでした)、
日照時間が長いおかげであちこち遊びに行くこともできました。

2学期目で個人的に辛かったことは、思い出そうと思ってもあまり出てこないんですよね。

まあ細かいことを挙げれば、
ドイツの鉄道が急に行き先を変えたり、長距離バスが何の音沙汰も無く中止になったり、
宅配便は毎回予告した日付に届けてくれなかったり、
寮のシャワーは5分以上お湯が流れなかったり、嫌だったことはいろいろあるんですけど、
それらはちょっと気分が悪くなるくらいで直接メンタルには来ません。

これがもっと長期の留学だったら、心持ちも全く異なるのかもしれませんが、
少なくとも1年間の交換留学生としての2学期目は時間にも心にもかなり余裕がありました。

留学中、特にこの時期は気分が落ち込んじゃう人もいるかもしれませんが、
それは仕方のないことです。

これもひとつの経験だと思って、乗り越えましょう!